心を支える女性のアーティストたちの音楽

PAGETITLE
私はもうすぐ30歳の男です。年齢的に見たらまだ若者の分類に入るのかもしれませんが考え方はかなり保守的です。音楽に関して言えば、素晴らしい音楽を提供してくれているのは男性のアーティストたちだけだ、と思っていました。女性のアーティストは男性の作詞家・作曲家たちから楽曲を作ってもらい、ただ歌っているだけの存在だ、なんて思っていました。正直言って男性よりも女性を一段階低く見ていた時期がありました。今思えばとてつもなく恥ずかしい話ですがこんな時期がありました。しかし、少しずつ考え方も変わってきました。きっかけは高校生時代にとある女性アーティストに出逢ったからです。1990年代の後半で新しいアーティストたちが次々に登場してくる面白い時代でした。

名前に魅かれるものがあったので彼女のCDを手に取りました。聴いていて衝撃を受けました。女性のアーティストでこんなにも激しいロックを表現できるものなのかと…。そして、クレジットを見るとほとんどの曲を自分で創っている。私の考え方がコペルニクス的に変わった瞬間でした。それ以来、いわゆるシンガーソングライターといわれる女性アーティストたちに注目して聴くようになりました。すぐに消えていくような方もいましたが、何時までも心に残っているような方もいます。そして、私の生き方や考え方に深い影響を与えているのは女性アーティストたちの方が多いことに最近気づきました。女性の言葉の優しさや明るさ、そして時に持つ強さが私の心に強く焼きついてます。